だれかの

誰かのことを考えると、誰かの曲が生まれる。
昔から変わらない現象。
だから、共作したい人のこと考えるとその子に歌ってほしいメロディが自然と浮かぶ。
そして想像してた通りの声で本人が歌ってくれる。なんて贅沢なことなんだろう。
おまけにわたしのフレーズの次の物語まで進めてくれるなんて、、
しあわせだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA